PR

地方 地方

矢板市が就職支援冊子作製

Messenger

 矢板市は、就職支援活動の一環で、市内で働く若手社員のインタビューをまとめた冊子「矢板で働こ!矢板で暮らそ!YAITURN」を3千部作製し、市内の高校や県内外の大学などに配布した。

 冊子では市役所や市内の企業、社会福祉法人などで働く20~30代の職員、社員計5人を紹介している。4人は県外出身者で、「交通アクセスが良い」「自然と触れ合える」といった矢板市の魅力を伝えている。斎藤淳一郎市長は「矢板に住み働くきっかけになれば」と話す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ