PR

地方 地方

木津川の恭仁京跡で大極殿院調査 南面に掘っ立て柱塀跡

Messenger

 聖武天皇が造営した恭仁京の遺跡(木津川市加茂町)から、大極殿を囲む外郭施設「大極殿院」の南面にあたる掘っ立て柱塀の柱穴跡が出土し16日、府教育委員会が発表した。

 大極殿は天皇の即位大礼や新年の儀式が行われた建物。周囲は屋根に瓦を葺(ふ)いた格式高い「築地(ついじ)回廊」に囲まれ、南側には天皇の権威を象徴する大規模な門を持つという。

 調査は、大極殿院南面の回廊と門の位置を確認するため実施。当初予想された位置に回廊と門の遺構は発見されず、南に約6メートル下がった位置を調べた。その結果、一辺約1メートルの堀形を持つ簡素な掘っ立て柱塀の柱穴の跡が、約3メートル間隔で東西方向に一列に並ぶように出土した。

 府教委によると、南面だけが掘っ立て柱塀となっている構造は他に例がないという。ただ、大規模な門の遺構は発見されなかった。

 奈良時代の歴史書「続(しょく)日本紀」では恭仁京の造営に難航したとの記述もあり、府教委は「財政的な理由から、門の建設まで手が回らず、築地回廊ではなく簡易的な掘っ立て柱塀で間に合わせたのでは」と推察している。

 現地説明会は19日午後1時半から。現場(恭仁小学校南側)はJR加茂駅から北へ徒歩30分。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ