PR

地方 地方

「名刀 福山市の財産に」 名誉市民・故小松氏遺族、国宝など14振寄贈

Messenger

 ■ふくやま美術館で年末公開

 広島県福山市の名誉市民で、食品トレー製造大手「エフピコ」の創業者、故小松安弘氏の刀剣コレクションが市立の「ふくやま美術館」に寄付され、受納式が16日、市役所であった。コレクションは、国宝7振、国の重要文化財6振、特別重要刀剣1振の計14振。美術館は、小松安弘コレクションと名付けて保管、展示していくとしている。

 14振は、国宝と重文の13振が平成19年から、特別重要刀剣が28年から同美術館に寄託され、これまでも刀剣展などで公開。小松氏は29年5月に亡くなったが、生前、福山市立大の施設整備に10億円を寄付するなど地域の教育、文化振興に力を入れており、刀剣コレクションも美術館に譲る意向を持っていたと思われることから、遺族らで寄付を決めた。

 受納式で枝広直幹市長は「国宝の刀剣7振は、東京国立博物館の19振に次ぎ、徳川美術館に並ぶ。それだけのコレクションの所蔵は市民に大きな誇りをもたらす」と感謝。枝広市長に目録を手渡した啓子夫人(81)は「福山市の財産として美術館に任せることができ、故人も喜び、安心していることと思う」と話した。

 国宝7振には、南北朝時代の作で戦国大名の北条家家臣だった板部岡江雪斎が所有していたことから「江雪左文字」と呼ばれる太刀や、豊臣政権で会津を所領した蒲生氏郷が持ったと伝わり「名物会津新藤五」の名がある短刀などが含まれている。

 寄付を受けてふくやま美術館は、年末からの所蔵品展で小松コレクションの一挙公開を計画。同時期に図録も作成するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ