PR

地方 地方

縄文土器や漆器など114点紹介 胎内市美術館

Messenger

 県指定文化財となっている縄文土器や漆器などを展示する特別展「縄文の至宝展」が3月17日まで、胎内市美術館(同市下赤谷)で開かれている。

 昨年、東京国立博物館で約35万人、仏パリで1万5千人を動員した胎内市分谷地A遺跡出土の縄文漆器の実物を展示。縄文漆器3点▽縄文土器23点▽土偶類10点▽装身具29点▽石器36点-など計114点を紹介している。1万年続いた縄文時代の人々の豊かな感性と力強い造形美を体感できる。

 また、縄文スタンプや縄文衣装の無料体験コーナーも設置。19日~2月3日には、ワークショップ「縄文勾(まが)玉(たま)づくり」が午後3~4時半に行われる。参加費100円。問い合わせは同館(0254・47・2288)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ