PR

地方 地方

巨大焼きまんじゅうで「福分け」 伊勢崎神社

Messenger
こんがりと焼けた巨大饅頭に巫女がみそダレを塗った
こんがりと焼けた巨大饅頭に巫女がみそダレを塗った

 新春恒例の「上州焼き饅祭(まんさい)」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、伊勢崎市本町の伊勢崎神社で行われた。直径55センチ、重さ5キロの巨大まんじゅうが炭火で焼かれ、「福分け」として参拝者らに振る舞われた。

 まんじゅうは普通サイズの300個分。今年の年男年女4人が「愛」「健」などと食紅で願いを書き入れた。大串に刺してこんがりと焼き上げたまんじゅうに巫女(みこ)がみそダレを塗ると、境内に煙が立ちこめ、訪れた参拝者や写真愛好家が夢中でシャッターを切っていた。まんじゅうに「福」の字を書いた玉村町の年男、片亀光さん(59)は「昨年は災害が多かった。災い転じて福となるよう願いを込めた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ