PR

地方 地方

年始の交通事故死亡者、福島は5人で全国最多

Messenger

 県警は今年1月1日から10日までに県内で発生した交通事故の死亡者数が5人となり、全国最多だったことを明らかにした。夜間の発生が目立つことから「運転者も歩行者も夜間は気をつけてほしい」と呼びかけている。

 県警によると、全国の交通事故死亡者数は前年同期比15・4%減の77人だったが、東北は40%増の14人。特に福島県は、昨年の1人から大幅に増加し、4人が死亡した茨城▽千葉▽神奈川▽兵庫-の4県を上回って全国最多だった。県警交通企画課は「ペースが速い。200人が死亡した平成14年に並ぶ」と、昨年1年間の死亡者75人から増加することを懸念している。

 増加の背景として同課は「運転者の事故への警戒が薄いのではないか」と指摘。死亡者5人のうち3人は夜間に遭っていることから、「夜光反射材の普及がなかなか進んでいない」として着用を促す。運転者に対して、「走行中は上向きライト(ハイビーム)にすることが原則。下向きは対向車とすれ違うときに」と求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ