PR

地方 地方

【ちば平成史】25年「ふなっしー」ブレーク いじり、いじられ破天荒キャラ

Messenger

 その後、市の公認が得られないまま地道にイベントなどに参加する中で、ご当地キャラ仲間がどんどん増え、出場資格がないにもかかわらず、仲間のご当地キャラにアルバイトとして招かれて「ゆるキャラさみっと」に参加するなどして徐々に知名度を上げていった。

 ブレークの理由について「イベントでウケたものや動画投稿サイト『ユーチューブ』で再生回数の多かったものなど、お客さんが喜ぶことをとにかくやるようにした。ふなっしーはみんなに作ってもらったようなもの」と反響をくれたファンへの感謝を口にする。

                   

 現在では活動の幅をさらに広げ、6年連続で発売しているカレンダーの版権料を東日本大震災で親を失った子供の進学を支援する「みちのく未来基金」に寄付する活動や、クリスマスに有志メンバーと一緒に病院や保育園などをサプライズ訪問する「ふなサンタ」などの活動も継続的に行っている。「寄付するのにたいそうな考えはない。やれる人がやって支え合おうという考え。ふなサンタは逆に子供たちから元気をもらっている」とうれしそうに語る。

 昨年9月には自身がボーカルを務めるご当地キャラのメタルバンド「CHARAMEL(キャラメル)」の活動で香港を訪れ、有料ライブを開催。「満員のお客さんが曲を大合唱してくれて梨肌(鳥肌)が立った。活動が世界に広がればやれることも増えていく」と手応えを口にする。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ