PR

地方 地方

群馬の味、全国拡大加速 焼きまんじゅうポテチ発売 こんにゃくわらび餅レシピ公開

Messenger

 カルビーの担当者によると、蒸したてのまんじゅうの香りを再現するのに苦労したが、粉末の酒かすを使って解決したという。

 パッケージにもこだわり、背景には焼きまんじゅうの店をイメージしたのれんの柄を採用。焼きまんじゅうを持った県のマスコットキャラクター、ぐんまちゃんのイラストも添えた。

 10日には県庁で贈呈式が行われ、カルビーの役員がぐんまちゃんに商品を手渡した。

 試食した県ぐんまイメージアップ推進室の設楽修一室長は「味、香りともに良く完成度が高い。この味なら県民は納得し、喜ぶと思う」と満足そうにコメントした。

 「こんにゃくで黒ごまクルミわらび餅」は、こんにゃくに一工夫を加え、ユニークでおいしい料理に変身させる「こんにゃくフェイクレシピ」の第2弾。

 臭みが少ない白こんにゃくを使用し、こんにゃくをフードプロセッサーでペースト状にして牛乳とかたくり粉を合わせ、わらび餅のような食感を再現したという。1人前で105キロカロリーと低カロリーだ。

 ひめラボ部会長で、安中市出身のフリーアナウンサー、竹下裕理さんは「美容をサポートするビタミン・ミネラルが豊富なごまとクルミがたっぷり入り、低カロリーでヘルシーな上、美を意識する女性にうれしいスイーツ。ぜひ わらび餅の食感を楽しんでほしい」とコメントした。

 詳細なレシピは、県農政部のホームページ「ぐんまアグリネット」内の「ひめラボ」のページで公開されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ