PR

地方 地方

群馬の味、全国拡大加速 焼きまんじゅうポテチ発売 こんにゃくわらび餅レシピ公開

Messenger
ポテトチップス焼きまんじゅう味=10日、群馬県庁(住谷早紀撮影)
ポテトチップス焼きまんじゅう味=10日、群馬県庁(住谷早紀撮影)

 菓子やスイーツで「群馬の味」を全国に広めようという動きが新年早々、加速している。大手菓子メーカーのカルビーは21日、群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」の味を再現したポテトチップスを数量・期間限定で、関東を中心に8都県で発売。県産農畜産物のブランド化を模索し、こんにゃくの消費拡大を目指す女性グループ「ひめラボ」と県は、正月太りの解消にぴったりな「こんにゃくで黒ごまクルミわらび餅」のレシピを公開した。群馬の「食」の魅力アピールにつながりそうだ。(住谷早紀)

                   

 焼きまんじゅう味のポテトチップスは、全国47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「?JPN(ラブジャパン)プロジェクト」で商品化された。

 群馬、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨の8都県のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売され、想定価格は1袋120円前後。アンテナショップでも購入できる。販売は3月上旬までの予定だが、無くなり次第終了する。

 これまで「群馬の味」のポテトチップスは「すき焼き味」が好評を得て、約45万袋を販売。新商品のアイデアをインターネットで募集したところ、「下仁田ねぎ」や「ねぎ味噌」も味の候補に挙がったが、焼きまんじゅうの人気が圧倒的だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ