PR

地方 地方

イチゴ狩り始まる 九度山の観光農園

Messenger

 九度山町内の観光農園3園のうち2園が10日、オープンし、イチゴ狩りが始まった。残る1園も3月上旬にオープン。いずれも5月上旬まで楽しめる。

 同町慈尊院の「イチゴランド カプリ」では、約20アールのビニールハウスで酸味と甘さのバランスが特徴の「紅ほっぺ」と、ビタミンC豊富な「おいCベリー」の2種類計約1万5千株を栽培している。

 この日は早速、大阪から家族連れらが訪れ、子供たちは赤く色づいたイチゴを口にほおばり「おいしい」と笑顔をみせていた。

 同園は昨年夏以降の度重なる台風の影響で、苗を育てるビニールハウスが倒れる被害に見舞われたが、担当者は「イチゴの量は減ったが、甘さは例年と変わらずおいしい」と話している。

 午前10時~午後4時。原則月曜休み。要予約で、1時間の時間制限。問い合わせは同園(0736・54・3506)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ