PR

地方 地方

今冬初のインフルエンザ注意報 長野

Messenger

 県は、インフルエンザの流行が拡大する恐れがあるとして今冬初の注意報を9日付で出した。定点観測の87の医療機関で昨年12月24~30日に1112人の患者が確認され、1機関当たり12・78人となり、注意報の基準(10人)を超えた。

 県によると、その後の12月31日~1月6日に報告された患者数は1617人とさらに増え、1機関当たりでは18・59人となった。

 保健所管内別では長野が1機関当たり48・17人と最も多く、北信(40人)と佐久(32・25人)と合わせ、3管内が警報の基準(30人)を超える流行となっている。さらに飯田28・14人▽上田24・5人▽木曽21・5人▽諏訪12人▽伊那11・5人-と5管内で注意報の基準を超えた。

 県は外出後の手洗いの徹底や人混みでのマスクの着用とともに、体調が悪い場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ