PR

地方 地方

九州新幹線長崎ルート 「国が打開策示す必要ある」 佐賀・長崎知事が会談

Messenger
長崎県の中村法道知事との会談を終え、記者団の取材に応じる佐賀県の山口祥義知事
長崎県の中村法道知事との会談を終え、記者団の取材に応じる佐賀県の山口祥義知事

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)をめぐり、佐賀県の山口祥義知事は9日、長崎県の中村法道知事と佐賀市内で会談した。正式な会談は、佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉で予定していたフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入が昨年7月に断念されてから初めて。

 FGTの代替案として全線フル規格とミニ新幹線が上がっているが、佐賀県はどちらも財政負担が増えると反対する。長崎県とJR九州はフル規格を求めている。

 会談は非公開で、終了後に取材に応じた中村氏は整備方式の検討が行き詰まっている現状について「FGTの開発がうまく進まなかったことに原因がある」と指摘した。山口氏は「国が打開策を示す必要がある」と述べ、両県が今後も連携して国に働き掛けていくとした。

 武雄温泉-長崎は既にフル規格で建設が進み、武雄温泉で在来線と新幹線を乗り換える形で、平成34(2022)年度に開業する予定となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ