PR

地方 地方

作新「ランチパック」PR 児童・生徒が宇都宮市長ら訪問

Messenger
オリジナルランチパックのPRに宇都宮市を訪れた作新学院の生徒たち=宇都宮市役所
オリジナルランチパックのPRに宇都宮市を訪れた作新学院の生徒たち=宇都宮市役所

 山崎製パンの人気商品「ランチパック」のオリジナル商品を手がけた作新学院の小学部から高校の児童・生徒が9日、県庁や宇都宮市役所を訪れ、福田富一知事や佐藤栄一市長に販売が始まった商品をPRした。

 作新学院は、同社からランチパックの具材などについて共同開発の呼び掛けを受け、教育の一環として平成29年から取り組んできた。幼稚園や小中高の児童・生徒、教職員、保護者から具材やパッケージのアイデアを募集。応募3750点の中から優秀作品11点を絞り、最終的に小学部4年、土岐友莉亜(ゆりあ)さん(10)が考案した「スクランブルエッグ からしマヨネーズ風味」が新商品になった。

 商品開発に関する学習会や試食会など1年半の試行錯誤を経て完成。今月1日から3カ月間、関東地方限定で販売している。土岐さんは「(出身者の)水泳の萩野公介選手や甲子園優勝の金メダルをイメージして卵にカラシをからませた。おいしく食べてほしい」と佐藤市長に商品を手渡した。 (松沢真美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ