PR

地方 地方

狩野山楽の布袋図見つかる 京都の建仁寺塔頭・霊源院で一般公開

Messenger

 京都市東山区の建仁寺の塔頭(たっちゅう)・霊源(れいげん)院で、江戸時代初期に京都で活躍した狩野派の絵師、狩野山楽(さんらく)が描いた布袋(ほてい)図などが見つかり9日、報道陣に公開した。

 同寺の収蔵庫に収納されていたが昨年4月、庫内の整理中に発見された。布袋図が収められた箱には「布袋和尚 狩野山楽筆」とあり、京都の豪商から寄進され、約200年前の寛政年間に修理したとの記載もあった。大きな袋を背負った太鼓腹の僧侶が、人物画を得意とした山楽らしい筆致で描かれている。

 また、還俗して戦国大名となった今川義元が、同寺で出家した際に師事した常庵龍崇(じょうあんりゅうすう)和尚が書いた「偈頌(げじゅ)」と呼ばれる仏徳をたたえる韻文形式の詩も収蔵庫から見つかった。大永6(1526)年との記載が残り、約500年前に書かれた詩だという。

 夜半に座禅をして天を仰ぎながら、未熟な自分を戒め悟りを開くという内容。当時義元が同寺で修行していた記録が残されていることから、義元も目にしていた可能性が高いという。

 霊源院の雲林院宗碩(うんりんいんそうせき)住職(42)は、「今年は山楽生誕460年、義元生誕500年。この記念すべき年に見つかった縁に感服し、多くの人に見ていただきたい」と話している。布袋図や偈頌は10日から3月18日まで一般公開される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ