PR

地方 地方

都市農業の担い手育成 都、32年度にアカデミー開設

Messenger

 都は8日、都市農業の担い手育成を行う「東京農業アカデミー(仮称)」を平成32年度に開設する方針を決めた。新年度予算案に関連経費として3千万円を計上し、八王子市内の都有地にアカデミー用の研修農場を整備する。

 アカデミーでは、栽培技術などを体系的に学ぶ2年間の研修を実施。就農後は作物ごとに栽培研修があるほか、経営発展を見据えたICT(情報通信技術)設備導入のための講習会も開く。

 就農の検討段階から農地確保までサポートする相談窓口をアカデミーに設置。希望者の確保に向けて農業現場の視察ツアーなどを開催し、3~20日程度の短期農業体験も実施する。

 また、都は高収益化を目指す既存の就農者支援のため、施設栽培やICTなどの新技術を試すための「インキュベーション農園」を開設する。新年度予算案に関連経費2億円を計上し、33年度の開設を目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ