PR

地方 地方

イノシシをアートに表現 京都・与謝野でモチーフの100点紹介

Messenger

 今年の干支(えと)の亥(イノシシ)をさまざまなアートで表現する「2019アートETO展」が、与謝野町岩滝の町立生涯学習センター内「ぎゃらりぃ知遊館」で開かれている。イノシシをモチーフにした作品約100点が並び、入場者は興味深そうに鑑賞している。2月3日まで。

 並んでいるのは陶芸、絵手紙や俳句、染色、絵画、写真など。「よさの絵手紙同好会」はイノシシの絵を描いた上で、「さあ 突進 前へ」や「亥(い)い年になりますように」との言葉を添えた絵手紙を出品している。また、岩滝染色研究会はイノシシの柄のクッションなどを展示している。

 担当者は「新しい年の始まりに今年の干支のアートを鑑賞して、いいスタートを切ってください」と話している。月曜休館。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ