PR

地方 地方

奈良の古今が交錯 映画「かぞくわり」19日から公開

Messenger

 葛城市を中心に県内各地で撮影された映画「かぞくわり」が19日から、橿原市のTOHOシネマズ橿原や都内などで公開される。塩崎祥平監督は「現代の核家族を描こうとしてできた作品。奈良だからこそ説得力があると思う」と話している。

 塩崎監督は大和郡山市の出身。平成24年に地元の金魚養殖を通じ、日本人少女と日系ブラジル人少年の友情を描く「茜色(あかねいろ)の約束」を制作し、話題を呼んだ。

 今回の「かぞくわり」は妻の実家で暮らしたときの経験をもとに、「家族の役割」を追求。葛城市の当麻寺に伝わる中将姫伝説に着想を得た折口信夫の小説「死者の書」の影響を受け、奈良時代と現代が交錯するファンタジーだ。

 中将姫の生まれ変わりである主人公、堂下香奈を宝塚歌劇団の元娘役トップスター、陽月華(ひづき・はな)さんが熱演。画家になる夢を抱いていた香奈は挫折し、両親のもとで無気力な生活を送っていたところ、妹の暁美と娘の樹月が住み着いたことで生活が一変、居づらくなったときに神秘的な男性と出会って物語が動き出す。

 当麻寺の宝物などを撮影し、大神神社(桜井市)や屯鶴峯(どんづるぼう)(香芝市)でもロケ。奈良の魅力を存分に生かした作品だ。

 TOHOシネマズ橿原で行われた完成披露試写会で、塩崎監督は今後の映画製作にも触れ、「奈良は私にとって映画の原作のようなもの。また奈良でファンタジー作品を作りたい」と意気込んだ。

 映画の前売り券は1400円で、TOHOシネマズ橿原や当麻寺中之坊などで購入できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ