PR

地方 地方

京都の経済4団体が平成最後の新春交歓会 「枠超え街づくりを」京商会頭が呼びかけ

Messenger

 府内の経済4団体の新春年賀交歓会が5日、京都市内のホテルで開かれた。地元政財界の関係者ら約1200人が参加し、平成最後の新年のあいさつを交わした。

 京都商工会議所の立石義雄会頭(オムロン名誉会長)は「平成の次に来る新たな時代を明るく、希望を持って迎えたい」とあいさつ。3月に開業する京都経済センター(同市下京区)を拠点に「文化と産業など枠を超えたクロス(掛け合わせ)で未来をデザインし、世界に類のない京都の街づくりに貢献したい」と呼びかけた。また、国には引き続き北陸新幹線の新大阪までの早期延伸を求める考えを示した。

 交歓会には西脇隆俊知事や門川大作京都市長、伊吹文明衆院議員ら地元選出の国会議員のほか4団体所属の企業経営者らが出席。京都経営者協会の小畑英明会長(日新電機会長)のあいさつで乾杯し、新年を祝った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ