PR

地方 地方

【黄門かわら版】「常磐」と「常盤」、地名の憂鬱

Messenger

 常陸国(ひたちのくに)は古くから「常世(とこよ)の国」とたたえられ、万葉歌にも詠まれた。地名とは地域に慣れ親しんだ住民の財産であり、歴史や文化とも密接に関わる。

 茨城県の地名は県外出身者からすると難解で、ときに紛らわしい。間違いやすい“代表格”の一つに「ときわ」という地名がある。

 全国的には「常磐」と「常盤」があるが、水戸や鉾田など県内では常磐と表記することが多い。地名だけではない。学校(常磐小、常磐大学)や神社(常磐神社)なども同様だ。

 常磐には「常に変わらない岩」という意味があるが、鉄道や高速道路になると、読み方が「じょうばん」に変わる。JR常磐線の名称は、沿線の旧国名、常陸国と磐城国(いわきのくに)(福島県と宮城県の一部)に由来する。「ときわ」は常磐線特急の愛称でもある。

 一方、県外では一転し、「常盤」と表記することが多い。都心と埼玉県西部を結ぶ東武東上線の駅、ときわ台(東京都)は近隣の常盤台の地名から来ている。さいたま市浦和区の邸宅が並ぶ住宅街も常盤である。ところが、北海道では両者が混在し紛らわしい。

 水戸支局に赴任して以降、パソコンで地名を打つ際には神経をとがらせてきた。「般」の下が「石」なのか「皿」なのか。茨城では常磐が大勢を占めると分かっていても、人名では「常盤さん」と表記することが圧倒的に多い。あれこれと思い巡らすうちに紙幅が尽きた。(日出間和貴)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ