PR

地方 地方

「高べえです」よろしくね♪ 今治継獅子にPRキャラ誕生

Messenger
「高べえ」の獅子児バージョン
「高べえ」の獅子児バージョン

 愛媛県今治地方に伝わる「継獅子(つぎじし)」を広く知ってもらおうと、「高部獅子舞保存会」(今治市高部、広田秀久会長)はPRキャラクター「高(たか)べえ」を制作した。今後、今治タオルなどの土産物にデザインし、継獅子を全国に広める。

 継獅子は、3~5段の人の柱の最上段で、獅子頭を着け、扇や鈴を持った子供の「獅子児(ししご)」が、3拍子の太鼓演奏に合わせて舞う。江戸期から伝わる珍しい伝統芸能で、市内各神社の春まつりなどで奉納され、愛媛県の指定無形民俗文化財となっている。

 キャラクターは、獅子児の男児がモチーフで、獅子頭や鈴を持った姿、高所も気にせず気丈に舞う姿など5パターンを制作した。

 保存会の結成50周年にちなみ、広田会長が写真から書き起こし、会員と協議しながらイラストレーターが仕上げた。後継者の確保にもつなげるため、子供たちが興味を持つような元気で親しみやすい表情になるよう工夫した。

 今治タオルや砥部焼の土産物にデザインし、全国から訪れる観光客に持ち帰ってもらう計画で、図柄などを微調整している。

 広田会長は「キャラクターを通じて、全国の皆さんに珍しい継獅子を知ってもらい、国指定の文化財にレベルアップしたい」と張り切っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ