PR

地方 地方

【春高バレー 注目選手】福島商・吉田匠吾選手(1年) 1年生にしてチームの主力

Messenger
福島商の吉田匠吾(1年)=(内田優作撮影)
福島商の吉田匠吾(1年)=(内田優作撮影)

 県予選会決勝の第1セット終盤。2連覇を狙う相馬のブロックをかわす攻撃で連続得点を挙げ、勝利への流れを引き寄せた。ブロックでもたびたび得点を重ね、試合を終えた鈴木雅広監督が選手の働きに話が及ぶと、真っ先に「吉田がブロックをよく決めてくれた。助かった」と評した。もっとも、本人は「連続で向こうに点を取られたところを取り戻せた。ラッキーという気持ちだった」とあくまで控えめだ。

 ポジションはミドルブロッカーで、1年生にしてチームの主力を担う。攻撃では「多少乱れたトスでも速攻を決められる」ことを得意とする。

 バレーボールを始めたのは小学3年生のころからだ。幼なじみの羽田汐(し)音(おん)選手(1年)に誘われたことがきっかけで、地元のスポーツ少年団に入った。中学に進んで進路選択をする際にも羽田選手と同じ高校を志望。福島商では羽田選手とともに先発メンバーに名を連ね、チームの得点源として活躍する。

 チームの春高出場は初。経験や蓄積のない中で県代表として戦う。「速攻とブロックが自分の持ち味だと思う。積極的に戦い、自分らしさを出したい」と語る。(内田優作)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ