PR

地方 地方

香川・八栗寺にイノシシに乗った仏像「摩利支天」 元日から一般公開

Messenger
亥年を前に発見されたイノシシに乗った摩利支天像=高松市の八栗寺
亥年を前に発見されたイノシシに乗った摩利支天像=高松市の八栗寺

 来年の干支「亥(い)」(イノシシ)に乗った仏像「摩利支天」が四国霊場85番札所の八栗寺(高松市牟礼町)で見つかり、新年1~3日に一般公開される。

 摩利支天像は木製で、高さは15センチほど。江戸時代中期以降に京都の仏師、赤尾右京が制作したとみられている。3つの顔と6つの手を持つ三面六臂(さんめんろっぴ)で、手に刀や弓などの武器を握り、憤怒の表情で勇ましくイノシシにまたがっている。

 今年10月、香川県が四国遍路の世界文化遺産登録に向けた文化財の調査中に、本堂内の収蔵庫で厨子(ずし)に入った状態で発見された。厨子の底に記されている銘文や、同寺が高松藩の祈祷(きとう)所だったことから、藩の指示で作られたとみられる。

 摩利支天は陽炎を神格化したもので、実体がなく災いを受けないとされたことから、守護神として戦国武将の間で信仰が広まったという。

 同寺の新見竜玄住職は「亥年を前に見つかったことに不思議な縁を感じる。今年は災いの多い年だっただけに、摩利支天の災いを振り払う御利益にあやかり、来年は幸福な1年にしてほしい」と話した。

 同寺では一般公開に合わせて、摩利支天の朱印も授与する予定という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ