PR

地方 地方

英大学評価機関「QS」年次総会、福岡市で来年開催

Messenger

 イギリスの大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ」(QS)の年次総会が来年11月、福岡市内で開催される。日本開催は初めてで、九州大学が主管する。九大をはじめ国内の大学を世界に発信する機会となる。

 福岡市で開かれるのは、QSの総会の一つ「QS-APPLE」で、アジア・太平洋地域にある大学の関係者が、課題や取り組みを発表する。韓国・ソウルで開かれた今年11月の総会には、世界209の大学が参加した。

 国際的な大学評価ランキングで、日本勢は振るわない。QSの最新ランキングでは東京大が23位、京都大が35位で、九州大は126位だった。アジアではシンガポールや中国の上位入りが目立つ。マレーシアの大学も順位を上げている。

 九大は総会で研究成果を発信し、海外の大学関係者にアピールする。九大だけでなく、日本の大学の認知度やランク上昇につなげたいとして、国内の大学に参加を呼びかけている。

 久保千春学長は「ランキングは(教員1人あたりの)論文数や学生の数だけでなく、評判が大きな指標となる。広く九大を知ってもらいたい」と語った。来年11月26日から28日まで、福岡国際会議場で開かれる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ