PR

地方 地方

男性教諭が生徒5人に体罰 山形の中学バスケ部

Messenger

 山形市の市立中学校で、男子バスケットボール部顧問の50代男性教諭が、部活動中に少なくとも5人の生徒に体罰を加えていたことが26日、市教育委員会への取材で分かった。部員をたたいたりつねったりした。体罰を認め、部活の指導からは外れているという。市教委は近く県教委に報告、県教委が処分を決める。

 市教委によると、体罰があったのは昨年1月から今年11月。2年生の側頭部を平手打ちしたり、1年生の授業態度が悪いとして、体育館の床に約1時間正座させたりした。男性教諭は今月、生徒や保護者に謝罪した。

 11月に部員側から情報が寄せられ、市教委が生徒などから学校を通じ聞き取り調査し、体罰を認定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ