PR

地方 地方

美容師殺害 横浜地裁判決、懲役17年 「殺意は強固、強い非難」

Messenger

 相模原市南区のアパートで平成28年6月、元交際相手の美容師の女性=当時(23)=を殺害したとして、殺人罪に問われた無職、村上徹被告(40)の裁判員裁判で、横浜地裁は「殺意は強固で強い非難に値する」として、懲役17年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。

 弁護側は第三者による犯行の可能性があるとして無罪を主張していたが、判決理由で片山隆夫裁判長は、犯行時間帯に女性宅前に被告が行ったと認定。

 女性の体から被告のDNA型が検出されており、「被告が女性と接触したことが強く推認できる」と指摘した。

 弁護側はDNA型の鑑定方法などにも疑義があるとしていたが、「採取や保管方法に問題はなかった」と退けた。その上で「犯行後に被害者の携帯電話にかけるなど偽装工作をしており、事実と向き合っていない」と述べた。

 判決によると、村上被告は28年6月7日深夜から翌8日未明の間に、女性宅で、ひものような物で女性の首を絞めて殺害した。

 被害者の女性の名前は地裁が秘匿決定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ