PR

地方 地方

【かながわ 美の手帖】鎌倉・吉兆庵美術館「備前焼の魅力 桃山時代から金重陶陽・北大路魯山人など近代作家まで」展 「焼き締め」「窯変」

Messenger
金重陶陽「色絵備前獅子香合」
金重陶陽「色絵備前獅子香合」

 ■巧みな技の造形美

 鎌倉に縁の深い型破りな芸術家、北大路魯山人の作品を常設展示する鎌倉・吉兆庵美術館で、企画展「備前焼の魅力 桃山時代から金重陶陽・北大路魯山人など近代作家まで」が開かれている。陶陽は「備前焼中興の祖」といわれた陶芸家。魯山人は多彩な陶芸の“巨人”でもある。備前岡山と鎌倉の地で作陶する2人の出会いは、備前焼に“窯変(ようへん)”のような計り知れない恵みをもたらした。

 ◆影響を与え合う

 同美術館は鎌倉駅近くの小町通り商店街、和菓子製造の「源 吉兆庵」鎌倉本店に隣接するが、同店のルーツは岡山市。その地の有名な伝統工芸品が備前焼だ。魯山人は北鎌倉に星岡窯を築いて陶芸に没頭するが、晩年、備前焼に魅せられる。

 瀬戸焼、常滑焼、信楽焼などと並ぶ日本最古の窯場「六古窯」の一つである備前焼。岡山県備前市伊部(いんべ)地区が中心だ。伊部は陶陽生誕の地でもあり、魯山人が最初に伊部の陶陽窯を訪ねたのは昭和24年。27年には、星岡窯に仮住まいしていた抽象彫刻家のイサム・ノグチを連れて再訪した。

 魯山人は窯に集まった陶工の前で粘土塊を針金でざっくり切り、手のひらでたたいて板状に広げ、角を立たせ、手早く平鉢などに仕上げてみせた。ろくろを使わないタタラ作りの技法だった。ノグチも埴輪(はにわ)を思わせる造形物を焼いた。どれも、それまでの備前焼にはない、目からウロコの作陶だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ