PR

地方 地方

聖火リレー福島実行委、ルート決定 来夏まで公表せず

Messenger

 県は21日、2020年東京五輪聖火リレーのルート選定などに関わる「東京2020オリンピック聖火リレーふくしま実行委員会」を開き、出発地や通過市町村、通過順を盛り込んだ県内のルート概要案を正式決定した。概要案は年内に大会組織委員会に提出するが、来夏まで公表されないという。今後、具体的な経路やランナー選定などの協議に入る。

 実行委員会では、県内各地域のバランスへの配慮▽東日本大震災の津波、東京電力福島第1原発事故被災地▽五輪ゆかりの地-をルート選定の基本的な要素として議論を進めてきた。委員長を務める内堀雅雄知事は会合を終え、「復興五輪にふさわしいグランドスタートになるよう、準備を進めたい」と述べた。

 県は全国47都道府県をめぐる聖火リレーのスタート地で、平成32年3月26日から3日間実施される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ