PR

地方 地方

東寺で「終い弘法」開かれる

Messenger
京都・東寺で「終い弘法」 正月飾りなどを買い求める人で賑わう東寺の「終い弘法」=21日午前、京都市南区の東寺(永田直也撮影)
京都・東寺で「終い弘法」 正月飾りなどを買い求める人で賑わう東寺の「終い弘法」=21日午前、京都市南区の東寺(永田直也撮影)

 師走恒例の「終(しま)い弘法」が21日、京都市南区の世界遺産、東寺(真言宗総本山)で開かれた。迎春準備の品々を買い求める参拝者が各地から詰めかけ、境内は熱気に包まれた。

 弘法大師(空海)の月命日に合わせ毎月「弘法さん」と呼ばれる縁日が行われており、年末の終い弘法と年明けの初弘法が特に知られ、にぎわいを見せる。

 この日は通常の縁日に並ぶ古着や骨董(こっとう)のほか、おせち料理用の食材や松飾り、来年の干支の亥(い)にちなんだ小物など正月の縁起物を扱う露店が所狭しと並んだ。仏壇用の高野槙(こうやまき)を買い求めた京都市北区の主婦、上村喜代さん(84)は「きょうは比較的暖かくてよかった。来年一年もいい年にしたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ