PR

地方 地方

温泉熱で「雪ばなな」たわわ 豪雪地帯の山形・戸沢村、特産品化へ来年出荷目指す

Messenger
ビニールを2枚重ねしたハウスの中でたわわに実った雪ばなな。年明けには出荷したいという=19日、山形県戸沢村(柏崎幸三撮影)
ビニールを2枚重ねしたハウスの中でたわわに実った雪ばなな。年明けには出荷したいという=19日、山形県戸沢村(柏崎幸三撮影)

 雪深い戸沢村で、温泉熱を利用して熱帯地方でとれるバナナが栽培されている。JAおいしいもがみ(安食賢一組合長)が昨年12月に村内で栽培を始めたもので、「雪ばなな」としてお披露目された。「山形産」「無農薬栽培」をうりに、来年中に県内外に出荷される。(柏崎幸三)

                   

 豪雪地帯でのバナナ栽培を思い立ったのは、同JAの阿部直人副組合長。

 取引があったコメ卸業の「神明」(神戸市)の関連会社「東果大阪」(大阪市)が、岡山県で温室栽培でバナナ栽培を手がけていると知り、現地を見学。「環境を変えれば雪国山形県でもバナナが栽培できる。戸沢村でつくって、地域活性化に役立てよう」発案し、特産品化を目指すことにした。

 リンゴのような風味と、ほどよい甘さが特徴で、耐寒性の高い沖縄県産の「アップルバナナ」などの苗を38株を購入し、昨年12月に植えた。さらに、「アイスクリーム」「島バナナ」といった他品種も植え、ハウス内には88本が育っている。

 バナナの成熟には一定の高い気温が必要だが、山形県では外気温が零度以下になることが多く、これが課題だった。

 そのため、戸沢村の温浴施設「いきいきぽんぽ館」の敷地内に高さ約7メートルのビニールハウスを建て、内部をもう1枚のビニールで覆って、2重のハウス内で育成。広さ約560平方メートルのハウス内に温泉水を引き込み、ボイラーを併用、室温を15度以下にならないように設定し栽培している。

 阿部副組合長によると、雪ばななは酸味もあり、ほどよい甘さが特徴。ネーミングを考えたのは、吉村美栄子知事だという。バナナ栽培を説明した際に、「雪ばなな、はいかがでしょう」と言われたことから、知事の許可を得て命名した。

 国内では輸入バナナが年間約100万トン流通。大きな輸入元のフィリピンで、新パナマ病が流行して輸入量が減少するなか、同JAでは、無農薬の国内産バナナとして販路拡大を狙う。

 阿部副組合長は「将来的には、バナナのシェイクやケーキなど加工食品もつくり、この温浴施設を含めた地域活性化につなげていきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ