PR

地方 地方

冬の夜に輝く遣欧使節船 宮城

Messenger
慶長遣欧使節船「サン・ファン・バウティスタ」の復元船が電飾とライトアップで彩られた「サン・ファン・イルミネーションツリー」=宮城県石巻市の県慶長使節船ミュージアム(石崎慶一撮影)
慶長遣欧使節船「サン・ファン・バウティスタ」の復元船が電飾とライトアップで彩られた「サン・ファン・イルミネーションツリー」=宮城県石巻市の県慶長使節船ミュージアム(石崎慶一撮影)

 石巻市の県慶長使節船ミュージアムで、慶長遣欧使節船「サン・ファン・バウティスタ」の復元船がライトアップされ、家族連れなどが幻想的な趣を楽しんでいる。

 石巻の冬の風物詩「サン・ファン・イルミネーションツリー」の企画で、船体には約1万球の電飾が施され、夜の浜に黄金色に浮かび上がっている。

 復元船は平成5年に完成したが、震災の影響と、その後の暴風雨でマストが倒壊。修復後、25年11月に一般公開を再開した。だが老朽化が進み、県は保存を断念、後継策を検討している。現在の復元船は32年まで展示される予定。

 イルミネーションは来年1月6日まで。日没から午後8時半まで点灯する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ