PR

地方 地方

福島市で民家全焼 焼け跡から2遺体

Messenger

 17日午前11時ごろ、福島市飯坂町平野の無職、安達吉十郎さん(89)方から出火、木造一部2階建て約273平方メートルが全焼し、約2時間後に消し止められた。この火災で焼け跡の1階部分から性別不明の2人の遺体が見つかった。安達さんと妻の和子さん(83)と連絡がとれておらず、福島北署は遺体は安達さん夫妻とみて、身元の確認を進めている。

 同署などによると安達さんは2人暮らし。和子さんは介護が必要な状態だったという。1階居間のこたつには練炭が使われていたほか、玄関にもストーブがあり、同署で関連を調べる。

 安達さんの向かいに住む女性(76)は「煙臭いと思って外に出たら家の屋根が燃えていた。『バン』という音も聞こえた」と話した。別の男性(79)も「居間付近が燃えるのを見たが、手がつけられない感じだった」と話した。

 現場は福島市郊外の住宅地。福島交通飯坂線平野駅から約700メートルの場所。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ