PR

地方 地方

ヤドンと一緒に地域活性化 香川県とポケモン社が協定 「PRしていきたいやぁん」

Messenger

 香川県の観光や県産品の振興などを推進しようと、県とポケモン社(東京)は17日、「地域活性化に関する連携・協力協定」を締結した。コラボレーションを重ねてきたポケットモンスターのキャラクター「ヤドン」を「うどん県PR団」に任命した。

 ポケモン社と県は「うどん」と語感が似ている「ヤドン」とのコラボを企画。平成27年4月1日にエイプリルフールのジョーク企画として「ヤドン800匹大脱走」を実施したのをはじめ今年4月と8月にもイベントを行い話題を呼んだ。今回さらなる取り組みを進めるため、協定を締結することになった。

 協定書の概要は、香川県のブランド力向上に資するプロモーションに関すること▽観光誘客に関すること▽県産品の振興に関すること-など。ポケモン社と地方自治体との同様の協定は横浜市、北海道に次いで3例目という。

 県庁で行われた締結式には、浜田恵造知事とポケモン社の伊藤憲二郎・最高ビジネス責任者が出席。浜田知事は「ヤドンとの取り組み強化は心強い。交流人口の拡大や地域振興を進めたい」、伊藤氏は「(ヤドンを)うまく使って地域活性化を進めてほしい」とあいさつ。協定書に調印した。

 その後、ヤドン3匹がゆっくりと入場。浜田知事から「うどん県PR団」に任命された。ヤドンは通訳を通じて「県産品や観光地の魅力をしっかりPRしていきたいやぁん」と抱負を語った。

 ヤドンのうどん県PR団は22日、国の特別名勝・栗林公園(高松市)を訪れ、来園者と触れあうイベントを行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ