PR

地方 地方

仙台で西澤潤一氏追悼の会、700人参列

Messenger

 半導体や光通信の研究をリードし「ミスター半導体」と呼ばれ、10月に92歳で死去した東北大元総長、西澤潤一氏の追悼の会が16日、出身の仙台市で開かれた。大学や地元経済界の関係者ら約700人が参列、別れを惜しんだ。

 東北大の大野英男総長(63)は「真理はすべて実験室にありて机の上にはあらず」という西澤氏の言葉を紹介。「飾らない人柄で、多くの学生が憧れる偉大な、しかし身近な先生だった」としのんだ。

 西澤氏は発光ダイオード(LED)の新たな製造技術を開発し、LEDを照明として利用できるまでにしたほか、光通信分野では必要となる要素技術を全て発明したことで「光通信の父」とも称された。産経新聞の正論メンバーでもあった。10月21日に死去した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ