PR

地方 地方

観光列車で「四福」の時 JR四国、2月22・28日に春感じるプレミアムツアー

Messenger
「四福の物語」冬ツアーのパンフレット
「四福の物語」冬ツアーのパンフレット

 JR四国は、観光列車で四国4県を巡るプレミアムツアー「四福(しふく)の物語」の第4弾・冬ツアーを来年2月22日と28日出発の2コースで実施する。同社は「近づく春を感じてほしい」としている。

 実施するのは「近づく春の気配を吟じ、スイートで花やかな『2大ものがたり列車』の旅」(2月22日から2泊3日、14万9千~16万9千円、30人)と「現存4天守巡りと春を呼ぶ小さな森の妖精『シコクバイカオウレン』鑑賞の旅」(2月28日から3泊4日、16万8千~19万8千円、24人)。

 22日からの旅は、初日は観光列車「伊予灘ものがたり」にテレビでもおなじみの夏井いつきさんが同乗、俳句吟行を楽しめる。2日目は砥部焼の絵付け体験、3日目は高知市の嫁石地区の梅園や高知県南国市の西島園芸団地でのイチゴ狩り、観光列車の特別版「四国まんなか千年ものがたり スイーツトレイン」に乗車する。

 28日からの旅は、初日は丸亀城、2日目は松山城、3日目は宇和島城、4日目は高知城と現存天守の4城を巡る。3日目には高知県佐川町の牧野公園で「シコクバイカオウレン」を鑑賞する。坂の上の雲ミュージアムの館長による講演や松山城散策などもある。

 ツアー発売中で先着順。旅の予約センター(087・825・1662)やJR四国ツアー専用ページなどで受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ