PR

地方 地方

仙台「光のページェント」始まる 目標上回るネット募金

Messenger

 仙台市の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が14日、始まった。同市青葉区の定禅寺通で、ケヤキ160本がきらめく60万個の光で彩られる。31日まで。

 今年は企業の協賛金集めに苦心するなど、資金難で開催期間の短縮を余儀なくされた。一方、実行委員会によると、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディングでは13日時点で目標の75万円を上回る116万円が集まった。

 苦境に救いの手を差し伸べた“お助けキャラ”も。平成13年のみやぎ国体の大会マスコットだった「ケヤッキー」だ。

 ケヤッキーのイラストを使って、ツイッターで人気の宮城応援アカウント「おいでよ宮城」の運営者と、地域情報サイト「仙台つーしん」が協力。ケヤッキーの缶バッジなどのグッズを販売し、収益の2割を実行委へ寄付。売れ行きは好調だという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ