PR

地方 地方

のんびり華麗にツクシガモ 米子水鳥公園に飛来

Messenger
華麗な装いを披露するツクシガモ=鳥取県米子市(山根忠幸撮影)
華麗な装いを披露するツクシガモ=鳥取県米子市(山根忠幸撮影)

 絶滅危惧種の冬鳥ツクシガモが、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来し、華麗な装いを披露している。

 今季初の1羽が13日に姿を見せた。公園の池をのんびりと泳ぎ、長旅の疲れを癒やしている。

 ツクシガモは白い体で、頭から背中は緑の光沢がある黒。レンガ色の胸、赤いくちばしと多彩な装いだ。大型のカモで全長約65センチ。

 中国東北部などで繁殖し、日本には越冬のため、ごく少数が渡来するとされる。同公園の冬の常連で、今後も数を増やし、来春まで越冬するとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ