PR

地方 地方

地域の川、歩いて楽しむ 河内長野-堺、西除川流域ガイドマップ

Messenger
ガイドマップに記された金剛寺(河内長野市)
ガイドマップに記された金剛寺(河内長野市)

 河内長野市を源流とし、堺市の大和川に注ぐ西除川(にしよけがわ)沿いを巡るウオーキングコースとそのガイドマップを大阪市住吉区の小西尉司(じょうじ)さん(79)が作成した。コース作りが趣味という小西さんは、「地元の人間しか知らないような川だが、よそ者の視点でみると流域は魅力にあふれている」と話す。

 コースは全32キロで、堺市堺区の南海高野線・浅香山駅から河内長野市の金剛寺までの道のりを4区間に分け、4日間で踏破する。

 流域には、金剛寺や国史跡の狭山池(大阪狭山市)などのほか、「恋みくじ」というユニークなおみくじで女性に人気の布忍(ぬのせ)神社(松原市)などがあり、のどかな田園風景、遊歩道散策なども楽しめる。

 A3サイズのガイドマップには小西さんが実際に歩いて開拓したルートが示され、ていねいな道案内や公衆トイレの場所が細かく書き込まれている。

 今回が13作目という小西さんが初めてコースを作ったのは平成9年。知人らと行ったハイキングのコースがつまらないと感じ、つまらないなら自分でつくろうとしたことがきっかけだったという。

 今回の「西除川」編は、コースとガイドマップをつくるのに2カ月をかけたという小西さん。「よく知られている大和川ではなく西除川というマイナーさもおもしろいのでは」と話す。問い合わせは小西さん(06・6692・1340)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ