PR

地方 地方

京都・塔南高生、交通安全願い書道パフォーマンス

Messenger

 年末の交通事故防止府民運動(20日まで)に合わせて京都市立塔南高校(南区)書道部の部員らが、イオンモール京都桂川(同区)で書道パフォーマンスを披露し、交通安全を願った。

 部員らは、オリジナルの楽曲に合わせて踊りを交えながら、縦約3・5メートル、横約5メートルの巨大な和紙に「光輝燦然(こうきさんぜん)」「一隅を照らす」などと力強くしたためた。パフォーマンスは「百鬼夜行」をテーマに、交通ルールを破る心の弱さを妖怪に見立て、太陽の光が妖怪を追い出し、正しい方向へと導く様子を表現したという。

 部長の2年生、松本梢さん(17)は「交通ルールを守る強い心を持ってほしい、という願いを込めました」と話した。作品は年末まで、南署1階のコミュニティー・ルーム内に飾られている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ