PR

地方 地方

曼珠沙華の緑、冬に映え 埼玉

Messenger
紅葉とのコントラストが美しい曼珠沙華の葉が作る緑のじゅうたん=埼玉県日高市高麗本郷(石井豊撮影)
紅葉とのコントラストが美しい曼珠沙華の葉が作る緑のじゅうたん=埼玉県日高市高麗本郷(石井豊撮影)

 日高市高麗本郷の「巾着田曼珠沙華(きんちゃくだまんじゅしゃげ)公園」で、開花を終えた曼珠沙華が葉を伸ばして緑のじゅうたんを作り、紅葉を迎えたモミジと鮮やかなコントラストを描いている。

 公園の曼珠沙華は全国有数の500万本の群生地。9月中旬から下旬にかけて園内の雑木林約12.1ヘクタールの林床で開花し、赤いじゅうたんを敷き詰める。花が終わった10月ごろからジャノヒゲに似た細い葉が生え始め、冬枯れで緑が減った一帯を「緑の草原」に変えている。

 市の担当者は「曼珠沙華は『花は葉を知らず、葉は花を知らず』といわれ、開花後に芽を伸ばします。他の草が生え始める2月ごろまで楽しめるでしょう」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ