PR

地方 地方

【とちぎの力めし】ラーメン貴族 カルビらーめん

Messenger
アジア大会優勝にも「まだまだ世界との差は感じる」と話す星卓選手
アジア大会優勝にも「まだまだ世界との差は感じる」と話す星卓選手

 ■アジア大会「金」ホッケー男子代表 リーベ栃木・星卓選手 自力で五輪出場に自信 普及の好機、結果を追求

 9月にジャカルタで開かれたアジア大会で、ホッケー男子初の金メダル獲得に貢献した代表選手で日本リーグ男子1部、リーベ栃木所属の星卓(すぐる)選手。アジア大会優勝で2020年東京五輪の出場権を獲得できたことに意義があると強調、「自国開催だから出場できるというのではなく、自力で出場権を獲得したので自信になった」と力を込める。チームの地元、日光市のラーメン店でホッケーにかける思いを聞いた。

 国道119号から脇道に入り、飲食店が点在する田園地帯にある「ラーメン貴族」。練習で疲れたときに訪れ、スタミナがつくというお気に入りの「カルビらーめん」を頼んだ。

 アジア大会で初の金メダル獲得に、「代表チームの当初の目標は4位以内だった。メダルが獲得できたらいいという感じだったので、金メダルは驚きしかなかった。普段からミーティングはしていたが、アジア大会では特に選手同士のコミュニケーションを見直し、チームの士気が上がり、連係が取りやすくなったことが優勝につながったと思う」と振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ