PR

地方 地方

Gメッセ群馬、ロゴマークと利用料金決定

Messenger
Gメッセのロゴマーク=(県提供)
Gメッセのロゴマーク=(県提供)

 県は7日、平成32年春の開所を目指し高崎競馬場跡地に整備中のコンベンション施設「Gメッセ群馬」のロゴマークと利用料金を決定したと発表した。

 ロゴマークは、県の特産品の絹織物をモチーフとし、Gメッセの「G」を表現。自然豊かな群馬の大空と水源県の水を連想させるブルーを基調としている。前橋市の広告代理店「総合PR」が制作し、公募型プロポーザルで応募作品34点の中から選ばれた。来年1月からは、JR高崎駅の新幹線ホームに、ロゴマークを記載した同施設の電飾広告を設置するという。

 施設の利用料金は、いずれも全日利用(午前8時半~午後10時)で、展示場(1万平方メートル)が平日160万円、土日200万円。メインホール(1330平方メートル)は平日30万1880円、土日37万7380円。

 割引制度も設定し、全館を同時に利用する場合10%▽同じ会場を6日以上連続使用する場合15%▽利用希望日の1月前に空きがあった場合50%をそれぞれ利用料金から割引する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ