PR

地方 地方

藤枝看護師遺棄 鈴木被告、連れ去り監禁など認める 「首絞めているのを見た」

Messenger

 藤枝市の山中で6月、看護師の内山茉由子(まゆこ)さん=当時(29)=の遺体が見つかった事件で、内山さんを連れ去り監禁したとして、営利目的略取や死体遺棄など4つの罪に問われた名古屋市天白区の鈴木充被告(43)の初公判が6日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)で開かれた。鈴木被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。 (石原颯)

                   ◇ 

 冒頭陳述で検察側は鈴木被告が内山さんを車ごと連れ去った後、いったん離脱し、7時間後に浜松市内で再合流した際、内山さんは後部座席の足元に横たわった状態で生存していたと指摘。その後、県内のいずれかの場所で主導役とされる男=当時(39)、自殺=が内山さんを殺害し、2人で藤枝市内のホームセンターでシャベルを2本購入し、同市内の山中に内山さんを埋めたと主張した。

 起訴状などによると、鈴木被告は伊藤基樹被告(28)=逮捕監禁罪などで公判中=や男と共謀し、5月26日午後6時20分ごろ、浜松市内のフィットネスクラブ駐車場で内山さんを車ごと拉致し、同日午後9時10分ごろまでの間、腕を結束バンドで縛るなどして監禁。さらに翌27日ごろに男とともに藤枝市内の山中に内山さんの遺体を埋めたとされる。

 遺体は6月9日、藤枝市の山林の土中から見つかった。伊藤、鈴木両被告は殺人容疑で再逮捕されたが、静岡地検が不起訴処分とした。主導役とされる男は、新潟市内で自殺しているのが見つかり、殺人容疑などで書類送検された後、不起訴処分となった。

 伊藤被告は11月に同支部で行われた公判で起訴内容を認め、検察側は懲役7年を求刑している。

                   ◇ 

 「取り返しのつかないことをして申し訳なかった」-。

 死体遺棄などの罪に問われた鈴木被告は時折、言葉を詰まらせながら反省の弁を述べた。女性看護師遺体遺棄事件にかかわった鈴木被告の初公判には39の傍聴席を求めて208人が詰めかけた。先に結審した伊藤被告の公判では内山さんが死亡した経緯などが語られることはなく、鈴木被告の言動に注目が集まっていた。

 白のワイシャツと黒のスラックスで入廷した鈴木被告。被告人質問で内山さんが死亡しているのに気づいたのは再合流後、車を運転中のことだったと説明した。「(主導役とされる男が)内山さんに乗りかかって首を絞めているのを見た。(男の)襟首をつかんで手を下ろさせたが、内山さんは顔から落ちていった」。鈴木被告は低速で運転しながら内山さんに何度も声を掛けたり、足をたたいたりしたが、全く反応はなかったという。

 ただ、鈴木被告はこれ以前に内山さんが死亡していた可能性を示唆した。再合流してから男が女性の首を絞めるのを見るまでの間、女性の声や物音が「一切なかった」とも説明。内山さんはタオルや衣類で覆われており、はっきりとは見えなかったのだという。公判後、鈴木被告の弁護人は「ご遺体に対して(男が)何かをやっていたのか、殺していたのか、鈴木被告は分かっていない」とした。

 磐田市内で主導役とされる男が電話のために車を降りたときが「私が唯一、彼女を助けられるチャンスだった」と述べた鈴木被告。「いつか後悔の場所に行き、花を手向け謝罪したい」。下を向き黄緑色のハンカチで涙をぬぐった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ