PR

地方 地方

奈良のシカを大事にしよう 啓発ポスターコンクール入賞作品展示

Messenger

 国の天然記念物「奈良のシカ」の保護を呼びかける「第14回国の天然記念物『奈良のシカ』保護啓発ポスターコンクール」の入賞作品が、奈良市の県立図書情報館エントランスホールで展示されている。

 コンクールは、奈良の鹿愛護会(奈良市)が全国の小学生を対象に毎年開催している。今回は「シカと共に生きる」「人と生きる奈良の宝」といったメッセージを添え、愛嬌たっぷりに描かれたシカの作品が694点寄せられ、うち25点が入賞。最優秀賞に相当する県知事賞には、奈良学園小学校4年、荒井啓太さんの作品が選ばれた。

 入賞作品は、同館エントランスホール(9日まで)▽奈良市役所玄関ギャラリー(10~14日)▽同市美術館(来年1月8~17日)と場所を移して展示される。

 ポスターを鑑賞していた盛岡市の会社員、徐明秀さん(44)は「シカを大事にしようという気持ちが伝わってきます。すごいですね」。同愛護会は「標語と絵を見て、シカへの理解を深めてほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは奈良の鹿愛護会(0742・22・2388)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ