PR

地方 地方

出所者雇用に理解促す 川越少年刑務所で事業主向けセミナー 

Messenger

 出所者の就労を促し、再犯防止につなげるコレワークは、平成28年11月に東日本と西日本に設置された。職業安定法上、直接仲介できないため、雇用を希望する企業から問い合わせがあった場合は条件にマッチした出所予定者がいる施設を紹介している。企業はその施設を管轄するハローワークに求人を出し、出所予定者との面接を含む採用活動を進めている。コレワーク全体で10月末現在、371件の内定、1755件の相談実績がある。

 コレワーク東日本の矯正専門職、鈴木貴之氏は「人手不足を背景に、出所者を雇用する協力企業の登録数は年々増え、約2万社に上る」と強調する。ただ、出所者の雇用は他の社員への影響や自社イメージの低下などを懸念し、まだハードルが高いのが現状だ。

 このため、鈴木氏は「刑務所で職業訓練を行っていることが知られていないので、セミナーなどを通じて認知度を高めたい」と話している。(黄金崎元)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ