PR

地方 地方

北本市、デマンドバス内に広告 収入で運行委託料軽減へ

Messenger

 北本市は年間延べ約2万7千人が利用する「北本市デマンドバス」に車内広告を掲載することを決め、今月から募集を始めた。運行業者への委託料軽減が目的で、広報紙などに募集案内を掲載するほか、市商工会などにもPRする予定だ。

 市によると、デマンドバスは平成23年4月から本格運行を開始。現在は市内に営業所があるバス会社とタクシー会社に委託し、セダンタイプ2台とワゴンタイプ2台の計4台を市内限定で運行。高齢者ら市民約9千人が登録し、1回300円の運賃で買い物や通院などに利用している。

 車内広告はA4、A3サイズのポスターとA5サイズのシールで、月額1800~400円。セダンに最大4枚、ワゴンに最大8枚掲載できる。掲載期間は1カ月単位で最長1年間。

 今年度の契約委託料は計約3200万円。うち500万円程度と見込まれる運賃収入を差し引いた額が実際の委託料になる。広告収入は年25万円程度とみており、委託料に充てる計画だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ