PR

地方 地方

桶川の乳児衰弱死公判 「最低の母親だった」 ゲームで金欠、ミルク薄める

Messenger

 桶川市で昨年10月、当時1歳だった三男を衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた父親の山辺拳士郎被告(25)と母親の仁美被告(25)の裁判員裁判の公判が5日、さいたま地裁(田尻克已裁判長)で開かれ、仁美被告への被告人質問が行われた。

 検察側の質問に対し、仁美被告は、三男の晴(はると)ちゃんに与えるミルクの回数が生後約1カ月後からしだいに減り、昨年7月ごろには1日当たり1~3回しか与えなくなっていたことを認めた。ミルクを意図的に薄くつくったことも認めた上で「ゲームに課金しすぎてミルクを買えなくなっていた。月5万円は課金していたときもある」と話した。

 弁護側から問われた仁美被告の母親については「万引を強要する人で断るとたたかれた。ギャンブルや酒が大好きで、あまり家にはいなかった」と説明。「今思えば(自分も)最低の母親だった」と語った。

 拳士郎被告が家事や育児を手伝ってくれたかに関しては「忙しいと断られたこともある」と答え、育児ストレスから解放されるネットの世界こそが「自分の本当のリアルの世界だった」と淡々と答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ