PR

地方 地方

富岡製糸場で明治期の産業遺産紹介

Messenger

 富岡市は、明治150年を記念し、富岡製糸場・東置繭所で世界遺産に焦点を当てた企画展「明治日本の産業革命遺産展」を開催中だ。来年1月14日まで。

 製糸場と同じく明治期の官営工場の「官営八幡製鉄所」(北九州市)と、製糸場内の建物の建築様式として使われているコロニアル様式を採用した「旧グラバー住宅」(長崎市)にクローズアップ。パネルやタペストリー、歴史的資料の紹介などを展示し、明治日本の産業革命遺産の構成資産を紹介している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ