PR

地方 地方

認知症高齢者をGPSで見守り 富岡市

Messenger

 富岡市は、衛星利用測位システム(GPS)機器を活用した「認知症等高齢者見守り事業」を始めた。

 対象は、認知症などで徘徊(はいかい)する心配がある65歳以上の高齢者を在宅介護している家族。機器を月1200円で貸し出し、高齢者の靴などに取り付けるなどして常に携帯させる。

 高齢者が行方不明になった場合には、委託している「見守りセンター」が、機器が発信する信号を受信。高齢者の位置を把握し、保護できるようにする。平成30年度は69万7千円の予算を計上している。利用希望者の問い合わせは市高齢介護課(0274・62・1511)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ