PR

地方 地方

大台町の「odai」シリーズがウッドデザイン賞優秀賞 広葉樹の香りで生活豊かに

Messenger

 大台町の宮川森林組合が製造するアロマオイルなどの「odai」シリーズの商品が、ウッドデザイン賞2018の優秀賞(林野庁長官賞)を県内で初めて受賞した。同組合では「長い間、研究を積み重ねつくった商品が認められうれしい」としている。6日に東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2018」で表彰される。

 受賞したのは、クロモジなどの広葉樹から抽出した「エッセンシャルオイル・オリジナルブレンド」各種や、小枝をアロマオイルの瓶に差し入れて香りを広げるリードディフューザー、芳香チップなど約20点。広葉樹の固有の香りが、都市の生活を豊かにするとして選ばれた。

 大台町の大台ヶ原などは、自然環境を保全しながら持続可能な発展を目指す地域として県内で唯一、ユネスコ(国連教育科学文化機関)から「ユネスコエコパーク」に認定されている。同組合はスギ、ヒノキに偏らないコナラやヤマザクラなど豊かな広葉樹の森づくりを進める一方で、アロマオイルなどの商品開発、製造販売に取り組んでいる。

 受賞した商品は日本橋高島屋S・C(東京)や名古屋市の専門店、松阪市のベルファームなど実店舗のほか、インターネットでも販売している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ