PR

地方 地方

鉄道テロに備え訓練 JR西舞鶴駅で機動隊など50人参加

Messenger

 JR西日本と府警、舞鶴署などは5日、JR西舞鶴駅(舞鶴市伊佐津)で、実物の列車やホームを使った「鉄道テロ対処訓練」を行った。停車中の列車に爆弾が仕掛けられたとの想定で、乗客の避難誘導や爆発物処理の訓練を実施した。

 訓練には、府警機動隊と舞鶴署員やJR西日本社員ら計約50人が参加した。

 西舞鶴駅に「停車中の列車に爆弾を仕掛けた」との電話が入ったとの想定で訓練がスタート。駅員が警察へ通報し、4番乗り場で停車中の列車(2両編成)から、同社社員がふんした乗客を避難させた。

 防爆防護服を着込んだ府警機動隊爆発物処理班が、車両内で発見した不審物を調査のうえ、マジックハンドを使って特殊な容器に収めて撤去。

 「爆発物を発見した際は、触らない、距離をとる、(爆破物から身を)さえぎるの3点を守ってほしい」と呼びかけた。

 訓練を終え、同駅を統括する武知芳直・綾部駅駅長は「各国でテロが発生するなか、テロの脅威からは逃れられない。即応できるように人命最優先で訓練に取り組んだ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ